コンクリート基礎工事における現場打ち杭頭処理にもFACTのリムーバルテクノロジーが生きています。
人力による斫りはもちろん、油圧機会、静的破壊を利用した処理まで、現場の条件や要望に応じて適切なスタイルをご提案致します。
 まず場所杭頭の鉄筋カゴの低部周囲に電気ドリルを用いて所定の孔を開けておき、これに破砕機を挿入し、油圧をかけると破砕機内部の楔(くさび)が押し込まれ、鉄筋籠の周囲を破壊します。
 次に余盛部位分をクレーンで吊り上げて芯抜きが完了します。
■油圧式セリ矢 主な機能
石、コンクリート構造物を破壊する為のマシン。油圧で楔を打ち込むため、
騒音や振動を伴いません。また破片が飛散せず、作業安全性にも優れています。
◎使用機種
(株)平戸−パッカー
造成杭の鉄筋籠にあらかじめ膨張剤をセットし、コンクリートを打設します。
すると膨張剤が杭孔内やコンクリート中の余剰水分と反応して緩やかに膨張を開始。この膨張圧によって硬化後の余盛コンクリートに所定のクラック(ひび)を発生させます。次に余盛部分をクレーンなどで吊り上げて、芯抜きが完了します。
■膨張剤 主な機能
酸化カルシウムとコンクリートに含まれる水分を反応させて膨張圧を発生。
余盛コンクリートを破壊します。振動・騒音は一切伴いません。
◎使用機種
太平洋マテリアル(株)−クイカッター






Copyright(C) FACT All Rights Reserved.